ブフ・ブルギニョン

ブフ・ブルギニョンとは・・・

ブフ・ブルギニョン(Bœuf bourguignon(仏)/ Beef bourguignon(英))は、
牛肉を赤ワインで煮込んだフランス東部のブルゴーニュ地方の伝統料理・家庭料理・郷土料理。牛肉の赤ワイン煮。ビーフ・ブルギニョン。ビーフシチューの一種。煮込み料理。

Bœuf bourguignon(ブフ・ブルギニョン)は、フランス語で「ブルゴーニュ風の牛肉」の意。ブルゴーニュ地方を代表する料理の一つとして知られる。

元々はブルゴーニュの貧しいブドウ農家が牛肉の固いすじ肉を、彼らが日常的に飲んでいた安ワインでじっくりと煮込んで柔らかくして食べたのが始まりともいわれる庶民的なメニュー。次第に手が加えられ、工夫が施されて洗練され、現在では高級フレンチレストランで提供されることもあるフランスを代表する肉料理の一つともなっている。付け合わせには人参やジャガイモ、タマネギのほか、ガーリックトーストやピュレー(マッシュポテト・マッシュドポテト)が添えられることが多いが、バターライスやパスタなどの場合もある。

広告