チーズ・フォンデュ

チーズ・フォンデュとは・・・

チーズ・フォンデュ(cheese fondue(英) / fondue au fromage(仏) / Käsefondue(独))は、
チーズに白ワインを入れて加熱して溶かし、一口大に切って串に刺したパンや茹でたジャガイモ、ブロッコリー、人参などに絡めて食べる料理。スイスの家庭料理、郷土料理として知られるほか、イタリアやフランスにまたがるアルプスの山岳地帯やフランス南東部のサヴォワ地方、イタリアのヴァッレ・ダオスタ州やピエモンテ州などで食されている。使用されるチーズとしては、エメンタールチーズとグリュイエールチーズが一般的だが、そのほかサヴォワ地方などで生産されるヴァシュラン(ウォッシュチーズの一種)など、地域特産のチーズなども用いられ、用いられるチーズの種類と分量の配合、風味づけに使われるニンニク、レモン果汁、ナツメグなどの有無や白ワインと共に加えられるキルシュ(キルシュヴァッサー=サクランボの蒸留酒)やカルヴァドス(林檎のお酒)なども相まって、各地域や家庭、レストランなどで、様々な味わいのチーズフォンデュがあるといわれる。

広告