ピロシキ

ピロシキとは・・・

ピロシキ

ピロシキ(пирожки / ロシア語)は、
小麦粉を練った生地に具材を包んで、焼いて又は揚げて作られるパンの一種。惣菜パン、おかずパンの一種。ウクライナやロシア、ベラルーシなどで伝統的に食べられている郷土料理。ウクライナの郷土料理。ロシアの郷土料理。ベラルーシの郷土料理。ウクライナではプィリジキ(пиріжки)と呼ばれる。生地としては、小麦粉に卵、バター、イーストなどを加えて作るパン生地のほか、パイ生地、ペストリー生地なども用いられ、中に包む具材としては、ひき肉、レバーなどの肉類のほか、鮭やチョウザメなどの魚、ジャガイモ、タマネギ、キャベツ、キノコ、茹で卵、チーズ、カーシャ、米などが用いられる。また、中に甘いジャムや、リンゴ、チェリー、アプリコット、レモンなどの果物類、カッテージチーズ、ポピーシードなどを詰めた、おやつ、軽食用の甘いピロシキもある。

ピロシキ
ピロシキ
ピロシキポピーシード入りのピロシキ

ピロシキの由来

「ピロシキ」とはロシア語で「小さくてかわいいピローク/ピロギー(パイ)」のような意。ウクライナ語のプィリジキも同様に「小型のパイ」のような意味を持つ。古くから食べられている伝統的なパンであり、現在ではレストランやカフェなどのほか、ファーストフード店などでも売られている。かつてのものは、野菜や果物のもののほか、アヒル、ガチョウ、ウサギの肉を詰めたものなどもあったというが、ユーラシア大陸にジャガイモが根付いて以降、徐々に姿を消したという。

ピロシキが食べられている地域

バルカン半島やバルト海沿岸部地域、フィンランド、アルメニア、アゼルバイジャンなどでもピロシキは食べられているのに加え、中央アジア、モンゴル、日本、イラン、アメリカなどにもピロシキは伝わっており、それぞれの地域に合わせた進化・変化を遂げたピロシキもある。

広告