アーシュ・レシュテ

アーシュ・レシュテとは・・・

アーシュ・レシュテ

アーシュ・レシュテ(ash reshteh)は、
豆類やハーブ類が入ったスープに麺を入れた料理。イラン料理・ペルシャ料理を代表する料理「アーシュ」の一つ。イランの郷土料理。イランの家庭料理。「アーシュ」は「料理・スープ料理」を意味し、「レシュテ」が「麺」を意味する。みじん切りのタマネギやニンニク、ひよこ豆、レンズ豆、うずら豆などの豆類、ほうれん草、ニラ、パセリ、ターメリックなどを入れたスープに、麺を入れて煮込み、最後にシナモン、キャシュク(乳製品の一種)を入れて混ぜ合わせ、仕上げに揚げニンニク、玉ねぎ、乾燥ミント、キャシュクなどをトッピングして完成。

具沢山で栄養価の高い料理で、ラマダーンの際の食事としてもよく食べられている。

広告