ルブロション

ルブロションとは・・・

ルブロション(Reblochon)は、
フランス東部のサヴォア地方特産のチーズ。ルブロションチーズ。ルブロション・ド・サヴォア。若いものはクセが少なくてもちっと柔らかでまろやかな甘みと風味を持ち、熟成が進むにつれ味わいが深まり豊かな香りを放つ。パンや生ハム、ピクルスと共に頂くのが定番のほか、サヴォワ地方の郷土料理で冬の定番料理としても知られる「タルティフレット」に用いられることで知られる。

かつて、サヴォア地方の農夫たちは税金を搾乳量に応じて治めなければいけなかったが、搾乳量を調べる監視人が立ち去った後、再び乳を搾り、濃厚で脂肪分が多いといわれるこの乳を用いて作ったのがこのルブロションであったといい、チーズの名は地元の言葉「ルブロシェ(「再び搾る」)」に由来するといわれる。

一般的にはウォッシュタイプに分類されるチーズだが、乳を圧縮して水分を抜く工程(セミハード系)と塩水で表面を洗う工程(ウォッシュ系)があることから、セミハードにも分類されうるチーズでもある。

標高1000メートルを超える高地のサヴォワ地方は古くからチーズの生産地として知られ、ボーフォール、グリュイエール、タミエ等のチーズが有名。

広告