ベッケオフ

ベッケオフとは・・・

ベッケオフ(Baeckeoffe)は、
アルザス地方の郷土料理。伝統的なオーブン料理。肉料理。ベッコフ。

肉のココット煮。ジャガイモと肉のオーブン煮込み。肉の白ワイン煮込み。Baeckeoffeはアルザスの方言で「パン屋のオーブン」を意味する。

伝統的なレシピとしては、ベッケオフ用に作られたアルザスの特別なカセロール(なべ)に、塩胡椒したジャガイモ、ニンジン、ネギ、セロリ、玉ねぎ、さらに牛肉または豚肉、ラム肉を12時間ほどピノグリのワイン、タイム、パセリ、ローリエ、マジョラム、ジュニパーベリー、黒胡椒、塩などを加えたものに漬けておいたものを加え、さらに野菜を入れたら最後にジャガイモを乗せ、肉を漬けたワイン、ブイヨンをかけ、蓋をして、隙間を小麦粉を水で練ったもので塞いで密封し、300度のオーブンに10分から15分、さらに250度で3時間加熱して出来上がり。

現在では、クリスマスなどの特別な時に食べられているというこの料理は、かつて、この地方の主婦達が材料を入れた鍋をパン屋に預け、パンを焼いた後のオーブンの残り火で調理してもらったことがその発祥という。

広告