シュラスコ

シュラスコとは・・・

シュラスコ(しゅらすこ・churrasco)は、
牛肉や豚肉、鶏肉などを串に刺し、塩(岩塩)を振って炭火で焼いた料理。シュハスコ。バーベキュー。焼肉。

ブラジルを代表する料理として知られ、家庭やレストラン(シュハスカリア・churrascaria)で食される。アルゼンチンやウルグアイ、ボリビアなどの国々でも、チュラスコ、アサードと呼ばれるほぼ同様のものが供される。

みじん切りにした玉ねぎ、ピーマン、トマトに塩、ビネガー、オリーブオイルを混ぜて作るソース「Molho de vinagrete」と共に食される事が多い。

肉の塊を串に刺し、極弱火の炭火でじっくりと火を通す。レストランでは、ウェイターが焼きあがった肉の刺さった串を持ってテーブルを回り、客は各人好みの焼き方、好みの肉の部位を、好みの分量オーダーし、ウェイターが目の前で切り分けてくれたものをトングで掴み、皿にとって食べる。肉は牛肉(トップサーロイン=アゥカットラ alcatra、ランプカバー=ピカーニャ picanha、 リブ=コステーラ costela 、コブ=クピン cupim、等の各部位(注:ブラジル式の牛肉のカットでの呼び名))のほか、豚肉(バラ、こめかみ)、ソーセージ(リングイッサ linguica)、鶏肉(もも、手羽、ハツ coração)、エビ(カマラン camarão)、チーズ(ケージョ queijo)、パイナップル(Abacaxi)など様々なものがある。

元々はブラジル南部のガウーショ(牧童・カウボーイ)が食べていた料理で、いつしか都市部のレストランや家庭でも食べられるようになったもの。

広告