ブルスケッタ

ブルスケッタとは・・・

ブルスケッタ

ブルスケッタ(Bruschetta / イタリア語)は、
パンにニンニクとオリーブオイル、塩、胡椒などで味付けして焼いたもの。または焼いてからニンニクとオリーブオイル、塩、胡椒で調味したもの。イタリア料理の前菜、軽食、おつまみの一つ。固くなってしまったパンを美味しく食べる為に考案されたといわれる料理で、イタリア中部の郷土料理として知られる。

パンにオリーブオイルを塗ってから軽く焼いてニンニクをこすりつけたもの、オリーブオイルとニンニクのみじん切りまたは薄切りをのせて焼いたもの、トマトをのせたもの(コン・ケッカ)、赤ピーマン、豆、チーズ、肉、レバー(フェガティーニ)、ハーブなど、トッピングにはバリエーションがあるほか、ガーリックオイルをかけて焼いただけのシンプルなものもある。「ブルーシェッタ」とも。

広告