油条

油条とは・・・

油条(ヨウティアオ / ヨウ テイアウ / ユーティァオ / 英語:Youtiao )は、
小麦粉に水、塩、ミョウバン、重炭安(炭酸水素アンモニウム)もしくは重曹(炭酸水素ナトリウム)を入れて、こねた生地を10時間ほど寝かせてから、細長くした生地を二本に重ねて、形を整えてきつね色になるまで200度の油で揚げたもの。中国の食べ物。中国式揚げパンなどともいわれる。地域により、油炸桧(ユーザクエイ)(浙江省)、油炸鬼(ヤウザーグァイ)(福建省・広東省)、炸麵、油炸粿、炸油条などとも呼ばれる。また、タイやラオス、ベトナム、フィリピン、ミャンマー、シンガポール、マレーシアなどでも食されており、タイではパートンコー(タイ語: ปาท่องโก๋)、ベトナムではクワイ(ベトナム語: Quẩy)と呼ばれる。

ちぎったり、薄切りにして、朝食のお粥のトッピングや豆腐花(豆花)などに用いられることが多い。ベトナムではフォーのトッピングにも用いられる。