ナシレマッ

ナシレマッとは・・・

ナシレマッ(マレー語: nasi lemak)は、
お米をココナツミルク(ココナッツミルク)、塩などを入れて炊いた(または蒸した)料理。またはその調理方法。マレーシアを代表する米料理の一つ。伝統的なマレー料理。マレーシアの家庭料理。ナシレマ、ナシルマッ、ナスィルマッ、などとも表記される。マレーシアの定番の朝食。「nasi lemak」はマレー語で「油脂ご飯・脂肪ご飯」のような意味で、これはココナツの油脂を指している。

見た目は普通のご飯とあまり変わらないが、ココナツミルクを入れることと、炊く(蒸す)際には、ニオイタコノキなどの葉を用いて香りづけをするのが特徴。また、地域により、生のニンニクや唐辛子、砂糖などを加える場合もある。

店で提供される場合には、バナナなどの葉に盛られ、イカンビリス(揚げるか蒸すかした小魚(カタクチイワシ科の小魚))、サンバルソース(辛子味噌)、ピーナッツ、ゆで卵、輪切りの胡瓜などが添えられている場合が多い。さらに店によっては揚げた鶏肉や魚などのおかずがつく。

同様の料理が、マレーシア以外でも、シンガポールやタイ南部、ブルネイなどでも食べられている。また、インドネシアでもよく似た「ナシウドゥッ」「ナスィウドゥッ(nasi uduk)」(ジャワ島スラカルタではナスィ・リウェッ(nasi liwet))と呼ばれるよく似た料理が食べられている。

広告