ルートフィスク

ルートフィスクとは・・・

ルートフィスクルートフィスク

ルートフィスク(Lutefiskor(ノルウェー語) / lutfisk(スウェーデン語))は、
主にノルウェーをはじめとする北欧諸国で伝統的に食べられている食べ物で、干したタラなどの白身の魚、または塩干しした白身魚を灰汁に浸したもの。ルーテフィスクとも。

ノルウェーの郷土食、ノルウェーの郷土料理として知られる。食べる際には、流水で灰汁抜きをしてから食べる。ヌメリとゼラチンのような独特の食感を持っているのが特徴で、伝統的に冬の寒い時期、クリスマス・イブに食べられてきた食べ物。発酵食品、保存食品であるため、モノにもよるが匂いがきつい事でも知られる。付け合わせには、茹でたジャガイモや野菜、豆のピューレなどが用いられる。北欧諸国以外でも、カナダやアメリカなどの北欧からの移民の間でも食されている。

広告