ゲフィルテ・フィッシュ

ゲフィルテ・フィッシュとは・・・

ゲフィルテ・フィッシュ(英: Gefilte fish, Гефилте(гефилтэ, гефильте) фиш, イディッシュ語 געפילטע פיש)は、
「詰め物をした魚」の意味を持つユダヤ教徒の伝統的な魚料理の一つ。特に、「アシュケナジム」と呼ばれる東欧圏に移住したユダヤ人になじみ深い料理。結婚式などの特別な席などでは、身を取り除いた魚の中に詰め物をした、「魚の姿」をした状態の立派なものもあるが、一般家庭では、「つみれ」のような見た目をしたものも多い。魚肉をすり身にして調味してから団子状にし、人参や玉ネギなどと一緒に茹でて作る。

用いられる魚としては、伝統的には鯉、パイク(カワカマス)、コクチマスのような大衆的な魚が使われてきたが、昨今では鱈や鮭、鱒なども使われるようになっている。スーパーなどでは瓶詰にされたものも市販されている。

ローシュ・ハッシャーナー(Rosh_Hashanah)と呼ばれるユダヤ暦の新年祭(例年9月~10月頃)で供されるゲフィルテ・フィッシュ

広告