キール (カクテル)

キールとは・・・

キール(英語:Kir)は、
フランス生まれのカクテルの一種で白ワインにカシス・リキュール(クレーム・ド・カシス)を加えたもの。ショート・カクテルの一種。「ヴァン・ブラン・カシス」(vin blanc cassis) ともいう。1945年頃に、ブルゴーニュ地方のディジョン市の市長フェリックス・キール(Felix Kir)によって、ワインの消費を伸ばすための方法の一つとして考案されたといわれるカクテル。(考案した年の白ワインの出来があまりよくなかったので、カシス・リキュールを加えたカクテルにすることでそれを隠した、という説や、戦時中にドイツ軍が赤ワインを没収したため白ワインが過剰となり、それを消費するために考案したという説もある。)

食事前のアペリティフ(食前酒)として飲まれることが多い。キールにはいくつかバリエーションがあり、例えば「キール・ロワイヤル」は白ワインのかわりにシャンパンを用いたもの。「キール・インペリアル / キール・アンペリアル」は、カシス・リキュールの代わりにフランボワーズ・リキュールを用いたもので、キールの白ワインを、赤ワインにかえると「キール・カーディナル」、白ワインをベルモットに変えると「キール・ビアンコ」となる。

飲み物の記事