ザワークラウト

ザワークラウトとは・・・

ザワークラウト(Sauerkraut )は、
キャベツを塩漬けにして、発酵させた漬物。ドイツの食べ物。保存食品。発酵食品。Sauerが酸っぱい、krautがキャベツを意味する。ザウアークラウト、ザワークラフト、ザウアクラウトとも。

千切りにしたキャベツに塩をし、ディルシード、キャラウェイシード、ジュニパーなどの香辛料と共に漬けこむ。夏場なら3~4日、冬場でも一週間ほどで食べられる。乳酸発酵ならではのまろやかな酸味のある味わいが特徴。

ソーセージなどの付け合せとしてそのまま食べるほか、シュラハトプラットなどの蒸し料理、煮込み料理を作る際に用いられる。

ほぼ同様のものが、オランダや、フランスのアルザス地域、ポーランド、東欧、北欧、ロシアなどでも食されている。

広告

Share