リコッタ

リコッタとは・・・

リコッタ(ricotta(イタリア語) )は、
南イタリアを原産とするフレッシュチーズの一種。リコッタチーズ。

Ricottaは「再+煮る」という意味合いで、チーズなどを製造する過程で生じた乳清(ホエイ)を加熱して煮詰めて作る。

乳清を主な原料とするので、低脂肪でヘルシーなのが特徴。味わいもさっぱりとしており、乳糖が多いのでほんのり甘く、ミルク本来の風味を感じることができる。

イタリアでは元々羊の乳を用いて作られていた。現在は、牛乳のほか、ヤギの乳、水牛の乳などが用いられている。また、乳清のほかにさらに生クリームを加えて作られるクリーミーなリコッタもある。

リコッタの食べ方

そのままで食べるほか、フルーツなどと共に食べたり、蜂蜜やメープルシロップを掛けたり、パスタやサラダに入れたり、オーブンなどで加熱(Ricotta al forno(リコッタ・アル・フォルノ))して、また、スフォリアテッレ、カンノーロ、チーズケーキなどのスイーツの原料としても用いられる。

広告

Share