北京ダック

北京ダックとは・・・
Peking duck

北京ダック(Peking duck)は、特別に育てられたアヒルをオーブンで香ばしく焼き上げた中国、北京発祥の料理。クリスピーな皮を薄餅(バオビン)と呼ばれるコムギから作ったクレープ状の皮に甜麺醤と共に、ネギやキュウリと一緒に包み食される。

Peking duck2

焼き上げる際には首の隙間から空気を送り込んで、皮と脂肪とが剥がし、熱湯であぶら抜きをした後、表面にシロップを塗り、その後、270度で30~40分ほどかけてオーブンで焼かれる。皮を切り取った後の肉や骨は、ブイヨンをとるのに使われたり、そのまま、もしくは、炒め物などに使われて提供される。

北京ダックに使われるアヒルは、生後45日を過ぎてから、約15~20日間の間、1日4回強制的に給餌されて5~7Kgとされる。

広告

Share