シャルティバルシュチャイ

シャルティバルシュチャイとは・・・

シャルティバルシュチャイ(šaltibarščiai)は、
リトアニアで食べられているビーツ(テーブルビート)の冷たいスープ。リトアニア料理。リトアニアの食べ物。シャルティバルシェ。シャルティボルシェチャイ。冷製ボルシチ。冷たいボルシチスープ。

シャルティバルシュチャイ

By User:TreasuryTag – w:File:Lurid borscht.jpg, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=4256100

リトアニアのほか、ラトビアやベラルーシ、ポーランドなどの東ヨーロッパ諸国およびロシアでも同様の料理が食べられている

主な材料は、ビーツ、キュウリ、卵、ハーブ(ディル、チャイブ、パセリ等)、塩、胡椒、ビネガー、ケフィア、牛乳(またはサワークリーム、ヨーグルト、バターミルク(無脂肪乳))などで、ビーツを茹でてから千切りにし、ワインビネガーを馴染ませ、キュウリ、ケフィア、(無脂肪牛乳、サワークリーム)をよく混ぜて、塩、胡椒、ビネガーで味を調えてから冷蔵庫に入れて20~30分ほど冷やしてから皿に盛り、ディル(パセリ)や小ねぎを散らし、茹で卵を飾って出来上がり。濃厚なビーツの赤とケフィア(牛乳やサワークリーム)の白色の混じり合った鮮烈な明るいピンク色をしているのが特徴。茹でたジャガイモと共に頂くのが一般的。

広告

Share