チョルバ

チョルバとは・・・

チョルバ(Chorba)は、

ブルガリア、セルビア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ルーマニア、トルコ、ロシア、キルギス、カザフスタン、ウズベキスタン、アルジェリアなどのバルカン半島周辺国、東ヨーロッパ、中央アジア、北アフリカ、中東などで、広く国民食として食べられているスープ、シチュー。(トルコ語: çorba チョルバ ・ルーマニア語: ciorbă チョルバ  ・ロシア語: шурпа シュルパ ・キルギス語: шорпо ショルポ ・カザフ語: сорпа スルパ ・ウズベク語: Sho’rva シュルヴァ ・中国の新疆ウイグル自治区 スルパ (Xurpa))。

ブルガリアのチョルバ

By Biso (Own work) [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC BY 3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by/3.0)], via Wikimedia Commons

ブルガリアのチョルバ

 

地域により、具だくさんの濃厚なもの、シンプルなものなど、味わい、見た目などは様々で、用いる材料も、牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉などの肉類、人参、ジャガイモ、ズッキーニ、玉ねぎ、トマト、パプリカ、ひよこ豆などの野菜類・豆類、コリアンダー、クミンなどのハーブ類と、それぞれ地域や家庭、店などにより異なる。

「~チョルバ」「チョルバ~」などというように、メインとなる具材の名前や地域名などを前や後に冠して料理名になる事も多い。

広告

Share